【誰?】『刑事ゆがみ』挿入歌を歌う女性歌手は青木カレンか

『刑事ゆがみ』の本編で流れるオシャレな挿入歌。音楽には詳しくないけど、ジャズのような感じで、女性の歌声が非常に心地よい。

挿入歌を誰が歌ってるのか気になったが、公式サイトに挿入歌に関する情報が全くないため、自分なりに歌手について調べることにした。(画像は青木カレンの公式サイトより)

更新情報(12月2日):

ついにサントラが販売!その結果、誰があの挿入歌を歌っているか判明。記事下にその内容を加えました。

スポンサーリンク
レンタンダル(大)

『刑事ゆがみ』の挿入歌は女性シンガー青木カレンか?

あの挿入歌を聴いてまず真っ先に思いついた女性歌手は青木カレンだった。彼女は、日本を代表する女性ジャズシンガーの一人。なぜ彼女が歌っているかと思ったか?理由は単純!「歌声がめっちゃ似ているから」だ。

試しにこの曲を聴いてほしい。うろ覚えの状態ではあるが、『刑事ゆがみ』の挿入歌として流れていそうな曲をセレクトしてみた。

どうだろうか。歌声といい、曲調といいかなり似ているではないか!

最初に聴いた時は、「てかこの曲じゃん!」て思ってしまったほど。(本編の挿入歌と聴き比べて検証した結果、歌詞が違かったので、全く別物だったことが明らかになりましたが

でもすごく似ている。

『刑事ゆがみ』の挿入歌がカレンだと思うもう一つの根拠

「声が似てるだけでは根拠が足りない?」そう言うと思い用意していますとも。違う根拠を。その根拠が『刑事ゆがみ』の音楽プロデューサーの菅野祐悟。

実は彼、上戸彩と斎藤工が共演した今流行している(?)不倫を描いた『昼顔』で音楽プロデューサーを務めていた。

その際、『刑事ゆがみ』と同じく女性が歌う挿入歌『Naver Again』があったのだが、その歌手が青木カレンだったのだ!

挿入歌と似ている歌声の青木カレン。加えて、挿入歌のシンガーに青木カレンを起用したことがある菅野祐悟が『刑事ゆがみ』の音楽をプロデュースしている。

であればだよ。もう『刑事ゆがみ』の挿入歌は青木カレンが濃厚ではないか。

と言っても『刑事ゆがみ』の挿入歌の歌手は分からず…

と断言したカタチとなったが、筆者が『刑事ゆがみ』の挿入歌を担当していると見込んでいる青木カレンの公式サイトやTwitterに「『刑事ゆがみ』の挿入歌は青木カレンです!」的なコメントは一切ない。音楽プロデューサーの菅野祐悟の公式Twitterも同様だ。

挿入歌を担当しているのであれば、それをPRしない理由はない。となると『刑事ゆがみ』の挿入歌を青木カレンが歌っていないという説も通ってしまう。

結局のところ、誰が『刑事ゆがみ』の挿入歌を担当している女性歌手の正体は分からない…。その答えが明らかになるのは、『刑事ゆがみ』のサウンドトラックが販売される11月29日までお預けとなる。(販売タイミングがおせーよ!放送中に販売したほうが売れるでしょう!)

更新情報:

サントラが販売されました。その結果、この挿入歌を歌っている人物が判明。それはスバリ…青木カレンでした!サントラで9曲目に収録されている『All the way』が挿入歌となります。(サントラが販売される前に予想したってすごくないか…自分。)

スポンサーリンク
レンタンダル(大)
レンタンダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする