パシフィックリム、エヴァ以外にも日本アニメをオマージュ。

パシフィックリム、エヴァ以外にもオマージュアニメがあった

地上波で初めて放送されたパシフィックリム。個人的に、SFアクション部門No.1映画のため、かなりテンションの上がる1日になった。脳神経接続、2人で操作するダブルエントリーシステム、暴走…。エヴァの共通するポイントもある映画だが、エヴァ以外にもさまざまな日本のアニメをオマージュしている。今回は、それらについてカンタンに紹介していこう。

スポンサーリンク
レンタンダル(大)

パシフィックリム、エヴァ以外のオマージュアニメその1

パシフィックリムとマジンガーZ

イェーガー/ジプシー・デンジャーの発進シーンで「こ、これは!」と思った方は多いはず。そう、オマージュアニメの1つ目は、「マジンガーZ」。頭部にコクピットがある。そして、その頭部が期待本体に分離・合体できる点は、「マジンガーZ」に似ている。(※厳密に言うと、マジンガーZは頭部の中に収まるコクピットが分離・合体のため、頭部そのものが分離・合体するジプシー・デンジャーとは若干異なるが…)

また、「マジンガーZ」でお馴染みのロケットパンチを彷彿させる、肘からロケット噴射を行ないパンチ力を高める「エルボーロケット」なる必殺技をジプシー・デンジャーが持っていた点を考えても、「マジンガーZ」をオマージュしていると思われる。

ちなみに、英語版では、「Elbow rocket!!!」という台詞が、日本語吹き替えでは吹き替えスタッフの粋な図らないなのか、「ロケットパンチ!!!」という台詞に変更され、中国版翻訳版では、全くオマージュされていないアニメ「聖闘士星矢」で主人公の必殺技のひとつである「ペガサス流星拳」に変更されていた。

パシフィックリム、エヴァ以外のオマージュアニメその2

パシフィックリム(チェルノアルファ)とボトムズ

バケツを被ってしまったようなシルエットが特徴の「チェルノ・アルファ」。ファンからは「ブサ可愛い」とわりと好評なイェーガー。これのパイロットのヘルメットスコープのデザインが、そうボトムズにそっくり。よくよく考えると、頭部の形だけじゃない、カラーリングもカーキをベースとしており、細部のデザインは違えど、どこかボトムズ感が漂っている。

今回の地上波で、「はじめてパシフィックリムを観た!」という方はもう一度観てみることをオススメする。もしかしたら、ここで紹介していないオマージュアニメを発見することができるかもしれないぞ。

パシフィック・リム(日本語吹替版) – ギレルモ・デル・トロ

スポンサーリンク
レンタンダル(大)
レンタンダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする