『シグナル』ネタバレ特集/真の原作である映画の結末は最高!

この春、放送されるドラマ『シグナル』。不思議な無線機で繋がった“過去”と“現在”の2人の刑事が長期未解決事件を追うヒューマンサスペンスな作品だ。

タイムトラベル要素が入ると、異様にテンションが高まる筆者としては、『トドメの接吻』に続くタイムパラドックス系ドラマである『シグナル』にだいぶ期待が高まっている。

今回はそんな『シグナル』の“真の原作”とも言えるある映画の結末についてネタバレ解説!もしかしたらドラマ『シグナル』の結末の展開にも参考になるかも!?

※画像は公式インスタグラムの投稿画像のスクリーンショット。

※以降は『シグナル』に関わるネタバレがあります。閲覧には十分注意してください。

スポンサーリンク
レンタンダル(大)

『シグナル』ネタバレ特集/真の原作は2000年に公開したハリウッド映画

最初に「は!?『シグナル』の真の原作ってなんのこと!?」と思っている方が大多数だと思うので、そのあたりを簡単に解説しよう。

『シグナル』の公式サイトでは、2016年に韓国で放送された同名タイトルの『シグナル』が原作と書かれていると思うが、個人的にあの作品は“原作”とは思っていない。

というのも、原作と言われている韓国版『シグナル』が、2000年に公開されたハリウッド映画『オーロラの彼方へ』に酷似しているから。

具体的にネタバレ解説すると、この映画も「時を越えて交信できる無線機」「無線機を通じて“過去”と“現在”の2つの時間軸で1つの事件を追う」というストーリー。

そう、2000年に公開された映画と原作と言われている韓国版『シグナル』のコンセプトが丸かぶり状態なのだ。(いわゆるウリジナル状態ですwww)

そのため、『オーロラの彼方へ』が本当の原作。韓国版『シグナル』は勝手に『オーロラの彼方へ』をリメイクしただけでしょう!と思っているため、真の原作と紹介したのだ。

その辺の詳しい話はこちらの記事で解説しているので確認してみてください。

シグナル・ネタバレ特集/原作の韓国ドラマがある映画に似すぎ
無線機を通じてつながる“過去”と“現在”の刑事が未解決事件に挑むドラマ『シグナル』。原作は韓国の同名タイトルのドラマと言われていますが、実はその作品がある映画とソックリなんです。どう似ているのネタバレも踏まえつつ解説していきましょう。

『シグナル』ネタバレ特集/真の原作では過去の父親と現在の息子が交信

さて、“真の原作”と紹介した経緯を説明し終わったところでさっそく『オーロラの彼方へ』の結末をネタバレ解説しよう。

主人公は妻に別れられた刑事。友人の子供が偶然みつけた消防士だった父親が愛用していた無線機を主人公宅で見つけたところから物語は始まります。

無線機を見て懐かしい気持ちになった主人公は、修理を始め、電源のスイッチを入れると無線機はある男性の呼びかけを傍受しました。

主人公はその男との交信を楽しみますが何か違和感を覚えます…。WBCの話は決まって70年代シリーズの話。しかも終わっているハズのゲームを「今から楽しみだ」と言うのです。

そんな違和感を抱いていると、無線機の向こうの男が「どうしたチビ団長!」と言います。そこで、主人公はハッとします。交信している相手は自分の父親、それも30年前の父親だと。

チビ団長という呼び名がかつて幼い頃の父から呼ばれていたあだ名だったのです。男の正体が父親と気がついた主人公は、父親がこれから向かうことになる火災現場での話を始めます。

実は、その火災現場で父親は殉職していたのです。主人公はその運命を変えようと、火災現場で生き延びる方法を教えるのですが、父親は状況がつかめていないため聞く耳を持ちません。

▼聞く耳を持たない父親は、ある火災現場に遭遇して…。ネタバレ解説は次のページに▼

スポンサーリンク
レンタンダル(大)
レンタンダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする