シグナル・ネタバレ特集/原作の韓国ドラマがある映画に似すぎ

———無線機を通じて、つながる“過去”と“現在”の刑事、時を超えた正義の捜査が未解決事件に挑むドラマ『シグナル』。『トドメの接吻』に引き続きタイムトラベル系のドラマがこの春放送されるようだ。筆者としては嬉しい限りです。

本作の原作は、韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作『シグナル』と言われていますけど、筆者としては全くそうは思っていません。というのも、原作と言われている韓国版の『シグナル』がある映画ととんでもなく似ているから!やっぱりウリジナルなのか…

※以降は韓国版の『シグナル』、そして筆者が思うホントの“原作”とも言える映画についてネタバレに触れます。閲覧にはご注意ください。

※トップ画像は公式サイトより引用しています。

スポンサーリンク
レンタンダル(大)

『シグナル』ネタバレ特集/公式HP上は韓国ドラマが原作と言われている

(原作は韓国ドラマ『シグナル』/画像は衛星劇場の特設ページからのスクリーンショット)

4月ドラマで唯一、タイムトラベル系のドラマ作品となる『シグナル』。『トドメの接吻』のネタバレ特集の前書きでもよく書いていましたが、筆者はこの手の作品が大好物!

“過去”と“現在”が交錯するストーリーは、タイムパラドックスを引き起こしてくれて、登場人物を葛藤の渦に放り込んでくれて、視聴者としてすっごく楽しいんですよね。

そんな『シグナル』ですが、公式サイトでは原作は2016年に放送された同タイトルの『シグナル』と書かれています。

そこで、一足先に動画配信サービスを利用して韓国版『シグナル』を観ることに。ネタバレすると、リメイク元だけありこちらも無線機を通じて時を超えて2人の刑事がつながる展開。

1話では主人公が警官を志すきっかけとなった事件のエピソードでした。少しネタバレすると、主人公が小学生当時、クラスメイトの女児が誘拐され殺害されてしまった事件。

その誘拐は下校時に発生しており、主人公はクラスメイトが誘拐される瞬間を目撃していました。(と言っても、誘拐される状況を作り出したのは、主人公にも一因がありますが…。)

警察に目撃情報を必死に伝えますが、聞く耳を持ってもらえず捜査は頓挫。事項直前の現在まで時が流れてしまいます…。

そんな中、不思議な力を持つ無線機で”過去”(女児誘拐事件が発生した直後)と、“現在”(事件の時効直前)がつながり、犯人を時効直前で追い詰めるストーリーが展開されていきます。

ストーリーはスリリングそのもの。非常に楽しませていただきました。ただね。韓国版の『シグナル』を観ているとどこかで観たような…。そう、デジャヴを感じたんです。デジャヴを!

『シグナル』ネタバレ特集/筆者が思う本当の原作はあるハリウッド映画

(筆者が考える本当の原作はアメリカ映画『オーロラの彼方へ』/ネットのスクリーンショット)

そしてそのデジャヴを感じてから数秒後、割とスグに分かったんですが、原作と言われている韓国版『シグナル』が筆者が大好きなあるハリウッド映画に非常に似ていたんですよね。

それが『オーロラの彼方へ』という映画。もう完全にパクリですよ。ストーリーを簡単にネタバレすると、『オーロラの彼方へ』はこんな感じで話が進みます。

  • 無線機を通じて30年の時空を越えて過去の世界の父親と現在の世界の息子がつながる。
  • 30年前に死ぬはずだった父親の運命を改変したことでタイムパラドックスが発生。
  • 未解決の連続殺人事件の内容が変化。犠牲者数が増えてしまい主人公の母親が犠牲者に。
  • 無線を通じて父と息子で連続殺人事件を追い母親が犠牲になる前に犯人の逮捕を目指す。

どうですか、細かいストーリーは違いますけど「過去と現在をつなぐ無線機」「時を越えた2人の主人公が未解決事件に挑む」といった作品のコア部分がそっくりではありませんか。

だから、公式サイトで韓国版『シグナル』が原作みたいなカタチで紹介されてもピンとこないんですよ。いやいやその『シグナル』の元ネタは『オーロラの彼方へ』じゃん!的な感じで。

ちなみに、筆者が『シグナル』の本当の原作と考えている『オーロラの彼方へ』ですが、30年前の父親が犯人と揉み合いとなり、犯人の犯行現場で父親は意識を失ってしまいます。

駆けつけた警官に犯人と間違えられてしまい逮捕されることになってしまいます…。気になる『オーロラの彼方へ』の結末については別途ネタバレ記事を書いてみたいと思います。

『シグナル』ネタバレ特集/真の原作である映画の結末は最高!
この春、放送されるドラマ『シグナル』。無線機で繋がった“過去”と“現在"の2人の刑事が長期未解決事件を追うサスペンスな作品だ。今回はそんな『シグナル』の“真の原作”とも言えるある映画の結末についてネタバレ解説!もしかしたらドラマ『シグナル』の結末の展開にも参考になるかも!?

配信後記:原作?の韓国版『シグナル』も『オーロラの彼方へ』も面白い

てな感じで、『シグナル』の原作と言われている韓国版『シグナル』は個人的には『オーロラの彼方へ』のパクリなんじゃないかなって思っています。

「時間を超えて交信できる無線機」「過去と現在の2軸で事件を解決」するという物語のコア部分が丸かぶりですからね…。
 
とは言ってもです。公式サイトで紹介されている韓国版『シグナル』が駄作とは思っていません。『オーロラの彼方へ』のオイシイ所を活かして面白い作品になっていると思いますwww
 
それに、韓国ドラマって日本と比べて話数が長いんですよね。韓国版『シグナル』はなんと16話。日本版『シグナル』が何話になるか不明ですが、恐らく10話そこらじゃないですか。
 
話数が16話もある分、ストーリーに深みを持たせることができますし、登場人物たちの心情を丁寧に描けるため、日本のドラマより見応えがあるんですよね。
 
もちろん、筆者が考える本当の原作『オーロラの彼方へ』も最高です。あの作品を初めて観たのが金曜ロードショー。恐らく地上波初放送のとき。
 
最初は、時を越えた交信ができる無線機を通じた父と息子の絆を描くハートフルな作品かと思ったんですよね。金曜ロードショーのCMもそんなノリで描かれていました。
 
ただ物語の途中から、タイムパラドックスが起きてしまい、30年前の連続殺人事件の内容が変わり、母親が殺されてしまう運命になることが判明。
 
それを防ごうと現在を生きる警官の息子と30年前の消防士の父親が母親を殺す前に犯人を捉えようと奔走するSFサスペンスになりましたからね。
 
なんでしょうか。最初の印象をいい意味で裏切るストーリー展開に夢中になったのを今でも鮮明に覚えています。
 
日本版『シグナル』の放送をきっかけに韓国版の『シグナル』と『オーロラの彼方へ』に興味を持ってもらえると嬉しいです。
スポンサーリンク
レンタンダル(大)
レンタンダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする