ゴジラ キングオブモンスターズ/ラストはメカギドラの伏線か

ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ
この記事は約5分で読めます。

今回は『ゴジラ キングオブモンスターズ』の考察特集をお届け。

注目したのは同作のラストシーン!

マーベル映画のように今後の展開を匂わす映像がラストに入るんですよね。

公開初日に同作を観ましたので、これまでのゴジラ映画をもとに考察していきます。

<こんな方にオススメの記事です>

  • まだ映画を観ていないけどラストシーンが気になる
  • 映画はすでに観てラストシーンの意味が気になる

※ラストシーンのネタバレが含まれてますので、閲覧には注意してください。

スポンサーリンク

『ゴジラ キングオブモンスターズ』のラストはギドラの生首が登場

まず『ゴジラ キングオブモンスターズ』のラストシーンについて解説しましょう。

ラストシーンは、マーベル作品のようにエンドロール終了後に始まります。

そこに映し出された映像ときたら、なんとも意味深でした。

 

『ゴジラ キングオブモンスターズ』のラストシーンは、ある施設から始まります。

施設の雰囲気は怪しげ。芹沢博士らがいた組織・モナークとは違う模様。

 

そこにアランが現れます。アランは本作の悪役でギドラを覚醒させた環境テロリストです。

アランは施設の男に案内され、ゴジラとの戦いに敗れたギドラの生首のある部屋に着きます。

そして、ギドラの首を見てほくそ笑むアランの姿を映しラストシーンは終わりました。

 

さて、このラストシーンどう解釈するべきなのでしょうか。

これまでのゴジラ映画などをもとに紐解いていきましょう。

『ゴジラ キングオブモンスターズ』のラストはメカギドラの伏線?

結論ですが、あれはメカキングギドラの登場を匂わす演出だったのではないかと思います。

 

メカキングギドラは、平成ゴジラシリーズの『ゴジラvsキングギドラ』に登場した怪獣。

キングギドラの真ん中の首や翼部分がメカ化されており、対ゴジラ兵器として登場しました。

 

もとは23世紀から現代にやって来た未来人の陰謀で生み出されたキングギドラ。

しかし、ゴジラとの戦いに敗れ真ん中の首をもがれた状態で海底に沈みます。

その後、23世紀まで仮死状態で生き続け当時の技術でサイボーグ化。

メカキングギドラとして23世紀から現代にタイムスリップして再登場しました。

ネット上でもラストシーンからメカキングギドラの登場を予感する声が

 

さて次は、あのラストシーンでメカキングギドラの登場を予想したワケを解説します。

ラストシーンを観てメカキングギドラの登場を予想したワケ

メカキングギドラ登場の伏線を考えたワケは、ざっくり以下の通り。

  • ラストシーンと似たシーンが平成ゴジラシリーズの作品にあった
  • 一度敗れたギドラがメカキングギドラとして復活したことがあった
  • ギドラの首をもとにメカゴジラを開発された展開があった
  • 『ゴジラ キングオブモンスターズ』のギドラの再生能力なら復活もありえる

それぞれ詳しく解説していきます。

『ゴジラ vs キングギドラ』や『ゴジラ vs メカゴジラ』のメタファーに思えた

首がもげたキングギドラを眺めるシーンは、平成ゴジラシリーズに通じる部分があるんです。

  • 映画『ゴジラ vs キングギドラ』に通じる

この映画では、真ん中の首だけちぎれた仮死状態のギドラを未来人が眺めるシーンがあります。

その後、その未来人によって23世紀の技術でメカキングギドラとして蘇りました。

  • 映画『ゴジラ vs メカキングギドラ』に通じる

こちらでもギドラの首を見つめるシーンがありました。といってもメカキングギドラの首ですが。

『ゴジラ vs キングギドラ』の最後、ゴジラとの戦いメカキングギドラは再び海底に沈むんです。

 

そして、対ゴジラ組織・Gフォースが海底からメカキングギドラの首を回収。

その首を眺めてゴジラにリベンジを誓うシーンがあるんですよね。

同作では、メカキングギドラの首をもとに23世紀の科学技術を学びメカゴジラを作りました。

 

ラストシーンは、ギドラの復活やゴジラへのリベンジを感じさせるんです。

『ゴジラ キングオブモンスターズ』のギドラの再生能力は高く復活もありえる

『ゴジラ キングオブモンスターズ』のギドラの特徴もメカキングギドラの登場を予感させます。

なぜなら、同作のキングギドラの再生能力が異常に高く、首を失ってもすぐに再生するんです。

 

『ゴジラ キングオブモンスターズ』のキングギドラはゴジラに敗れる最後を迎えました。

しかし「実はまだ死んではいなく仮死状態だった」ということもありえます。

そのため、次回作でメカキングギドラとして復活する展開も十分考えられるんですよね。

次回作では悪のメカキングギドラとしてゴジラを苦しめる展開かも

もし、メカキングギドラとして登場するとしたら、どんな怪獣となっているのか。

その辺りも考えてみました。

恐らく『ゴジラ vs キングギドラ』で登場したメカキングギドラとは対の存在になるでしょう。

 

  • 人類の敵という立ち位置で登場する

映画『ゴジラ vs キングギドラ』に登場したメカキングギドラは人類の味方として登場しました。

しかし、『ゴジラ キングオブモンスターズ』の次回作で登場する際は全くの逆となるでしょう。

なぜならギドラの首を回収したのが環境テロリストのアランだから。

 

彼は人類より地球環境の保全を優先する思想の持ち主で、人類の駆逐が主目的。

そのため、メカキングギドラとして登場する際は、人類の敵として現れるのではないでしょうか。

 

  • 両サイドの頭がメカ化されたデザインになる

映画『ゴジラvsキングギドラ』に登場したメカキングギドラは真ん中の頭がメカになってました。

そのため、旧メカキングギドラとは対の存在を暗示させるためデザインが変更になる気がします。

例えば、真ん中の首はそのままの頭、両サイドの頭がメカというデザインなど。

『ゴジラ キングオブモンスターズ』では日本のゴジラ映画のオマージュが多数ありました。

そのため、旧メカキングギドラに敬意を払いつつ上記のようなデザインの変更もあると思います。

 

以上『ゴジラ キングオブモンスターズ』のラストシーンの考察特集でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました