『シンゴジラ』ネタバレ!ラストシーンの尻尾にみる庵野の面白さ

シンゴジラ ネタバレ ラストシーン 尻尾

『シンゴジラ』観ました。結論から伝えると最高に面白い。観終わった後、思わず映画を語りたくなってしまう作品なのです。なぜなら、映画のラストシーン、ゴジラの尻尾のカットがヤバいから。今回は尻尾のネタバレをしつつ『シンゴジラ』の面白さを語ります。

※『シンゴジラ』のネタバレを含みます。以降の閲覧は十分に注意してください。ラストシーンはこの映画の面白さを語る上で大切な要素です。「『シンゴジラ』を楽しみたい」と考えている方は読むのを控えましょう。

(画像引用:『シンゴジラ』公式動画より)

スポンサーリンク
レンタンダル(大)

『シンゴジラ』ネタバレ ラストに映る尻尾に○○が。

さっそく、冒頭に述べたゴジラの尻尾のヤバさをネタバレします。長谷川博乙演じる矢口(内閣官房副長官・政務担当)によって発案されたゴジラ凍結プラン(ゴジラの血液を凝固させる薬剤を注入し、ゴジラを封じ込める計画)によって、東京丸の内でゴジラの活動を停止させることに成功。

そして、映画のラストシーンにて、カチンコチンに固まったゴジラが映ります。胸から頭へゆっくりとがカメラワークが移動していき、最後に龍のように空に向かってうねる尻尾が映るのですが、なんとそこには、尻尾から這って出てきたかのように、骨がむき出しのグロテスクな感じのいくつもの”人”らしき生物が固まっていたのです…。

※ちょうどこんな感じです。

ゴジラと自衛隊の迫力ある戦闘シーンやストーリー展開で、『シンゴジラ』に対する評価はすでに高まっていました。「これは面白い」と。そんな中、先ほど紹介したラストシーンの尻尾のショットです。ラストに「ええええええ!?どゆこおおおお」となって終わるのです。

『シンゴジラ』ラストシーンの“尻尾”で面白さ倍増。

これにはヤラれました。ネタバレとなりますが、ゴジラは自己進化する能力や単体だけで増殖する能力を備えている「完全生命体」であると説明されています。ラストシーンにて、あの人型が尻尾から生えている状態を見せられると、「なぜ人みたいなの出てきているの?」「作戦が失敗してたら人型ゴジラが出てきたってこと?」といろいろと考えさせられるんです。

庵野さんと言えば、『エヴァンゲリオン』の旧TV版や旧劇場版、そして新劇場版:Qのラストシーンで「どゆこと!?????」と思わせる演出をして、視聴者を翻弄・困惑、そして魅了させてきました。今回の『シンゴジラ』のラストシーンは、『エヴァンゲリオン』で魅せた特徴と同じものがあるのです。

だから、『シンゴジラ』が最高に面白い。「ゴジラを倒せて良かったね。めでたしめでたしの映画だった」という単純な感想にならない。「ラストシーンってどんな意味が込められているのかな」と思わず考えたくなり、観た者同士で語りたくなってしまうのです。

もし、まだ観ていない人がいたら、ぜひ劇場で『シンゴジラ』を観てください。ここまで読んでしまっているのでネタバレ情報を持っている状態で映画を観ることになりますが、それでも十分に楽しめる作品なのです!

『シンゴジラ』ネタバレ特集の配信後記

ちなみに、『シンゴジラ』にハマった筆者。パンフレットはもちろん購入しました。が、パンフレットとは別に、庵野さんをはじめとするスタッフや主要キャストのインタビュー、イラスト・デザイン画などが収められた『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』という本を買うか本気で迷っているのが今の悩み。ラストシーンに対する答えがここに記されているのかも…。

以上、MOVIE RUNNERでした。

『シンゴジラ』ネタバレ 形態変化の最終形を想像してみた【画像有】

スポンサーリンク
レンタンダル(大)
レンタンダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする